海水魚が飼える小型水槽DIY②

前回の海水魚水槽アレンジの続きをやっていきます!

前回の記事はこちら→『海水魚が飼える小型水槽DIY①』

今回は水槽とろ過槽を仕切るためのアクリル板を加工していきます。

普通は使用するポンプの流量や水の流れなどを考えながら穴を開けていきますが、私はなんにも考えずに適当に開けています(これがのちに問題になるのですが・・・)。

用意するもの

材料

・アクリル板 188×240×2(mm) 1枚

前回紹介した材料のアクリル板を使用します。背面に付けた塩ビ板よりも硬くて厚みもあるので、加工はアクリル板の方が時間がかかりました。

道具

・アクリルカッター
・電動ドリル
・電動ルーター
・差し金
・定規
・サンドペーパー
・養生

作業内容

早速やっていきますが、どんな感じにしたいかというとこんな感じです。

完成図

それぞれのだいたいの位置を決めて、給水管を通す「丸い穴」と水をろ過槽に通す「棒状の穴」を開けていきます。細かいことを考えずにかなり適当に直感で場所を決めました(笑)

丸い穴

給水管を通す位置にホルソー用の下穴を開けます。

下穴
ホルソー

そしてホルソーを取り付けて・・・。ホルソーを・・・。え?

入らない

ホルソー

このホルソー、今回の水槽DIY用に新しく購入したのですが、サイズをしっかり見ていませんでした・・・。まあよくあることだからいっか。

棒状の穴

一旦、「丸い穴」は中断して「棒状の穴」を開けていきます!

穴を開けたい両端にドリルでアンカー的な穴を開け、そこへアクリルカッターで溝を付けたら、電動ルーターで削り開けていきます。これがとても大変で結構ガタガタに曲がりました・・・。まあいっか。水が通ればいいんです。

アンカー
カッター
ルーター
ヤスリ

ルーターの作業が終わったらサンドペーパーできれい整えます。

こちらは下段です↓

アンカー
カッター
ルーター
ヤスリ

丸い穴リベンジ

では「丸い穴」に戻ります!その日のうちに終わらせたかったので、給水管で型を取って、小さなドリルとルーターを駆使して穴を開けました!DIYは自己満足の世界なので結果オーライでOKです(笑)

ドリル
ルーター
ヤスリ

あとは「棒状の穴」同様にサンドペーパーで微調整。

ここまでの動画はこちらです↓

次回はいよいよコーキングです!

※このサイトで紹介した道具や作業工程・制作物により起こった、ケガや事故・トラブル等の一切責任を負いかねます。ご自身で試される際は自己責任でお願いいたします。