キレイに収納&目隠し!LED多灯設備(後編)

前回の照明設備と配線関係をやってから1ヵ月くらい経ってしまいました。

前回の記事はこちら→『キレイに収納&目隠し!LED多灯設備(前編)』

せっかく靴箱の上にあるので、それを利用した設備にしようと思います。

用意するもの

材料

・白い板(天板用)?mm ???×??? 1枚
・白い板(目隠し用)?mm ???×??? 1枚
・LEDライト(14w) 1個
・LEDライト(5w) 1個
・E26? 27?ソケット 3個
・延長ソケット 3個
・壁受け材 2箱

道具

・電動ドリル
・ホルソー

作業内容

天板

さて、作業をしていきます。

天板になる白い板に4か所穴をあけます。まずは下穴から。

次にホルソーで穴をあけます。穴をあける位置ですが、水槽のサイズ200mm×200mmより少し大きいくらいの場所にしました。理由はのちほど。

穴があいたらさっとペーパーをかけておきます(隠れるのでそこまで一生懸命にやらなくてOK)。

構図
開始点

玄関の備え付け靴箱の上に水槽を置いているので、天板の幅は靴箱の横幅ぴったりにカットしてありますが、賃貸物件なのでL字金具をボードアンカーで止めることができません(退去時が怖すぎる・・・)。今回天板を支えるのに使うのは、細いピンを複数刺してビス並みの強度を得ることができる『1×4インテリアウォールバー』という商品です。

ステップル

1×4材を使って壁面収納を作り出す商品で、壁にねじ穴が残らないので、とっても便利なものです。

※注意・・今回は『1×4インテリアウォールバー』の正しい使用用途ではありません。落下等のトラブルやそこから派生する事故等、一切の責任は負いかねますので、お試しの際は自己責任でお願いいたします。

1箱に2セット入っているので、天板を4点で支えるために2箱用意しました。

そのうち正しい使い方をご紹介できればと思います(正しい使い方が一番)。

ステップル
打ち付け

LED照明

今回使うLEDはAmazonで3,000円くらいで売られていた14wと5wの商品各1個と、もともと家にあったアクアシステムの10wのもの1個です。安いので大丈夫かな、と不安でしたが光量は問題なく、14wの方はカラーバリエーションも豊富なので他の色も買ってみたいと思います。

ゆるく
角ゆる
円状

LEDを直接ソケットにぶら下げてしまうと欲しいところに光が届かず、水槽の四隅だけが明るくなってしまうので、角度調整をするための延長ソケットを購入しました。LED本体とこのソケットの長さで角度をつけた時、LEDがぶつかり合わない位置に天板の穴をあけるのがポイントですね。

今回買った商品でいうとそれがだいたい水槽の四隅の位置です。

100均フック

かなりの光量になりました!

レッドシーのたっかい「Reef LED 50」という商品を買おうと思ってましたが、たまたまメーカー欠品していたことと、この水槽では取り付けに難があることから見送りました。

まあ見送った一番の理由は値段なんですがね。

5万は高くて・・・。

クーラーグルー
クーラー結束バンド

まだもう一つ照明を使える穴が余っているので、別色の14wのLEDを買うか、常夜灯を取り付けようかなと考えています。

それからエアーポンプや配線の類も天板の上にあげて、目隠し用の板で隠そうと思います。

結束バンド一周
結束バンド締め

こんな感じでできました!

けっこうキレイにできたと思います。目隠し用の板はただ接着剤で付けただけでとくにビス止めもしていません。

エアポンプ結束バンド

まとめ

なんかそれっぽくできて満足してます!

既製品はもちろん色々な便利システムが付いてて良いのですが、どうしても高くなるのがネックなところ・・・。そんな理由で今回、「ミドリイシも育てられるLED設備」を作ってみようと思い立ったわけです。

とりあえず水槽周りのDIYはひと段落って感じになりました。光量も稼げたのでミドリイシ入れてみようかなー。

※このサイトで紹介した道具や作業工程・制作物により起こった、ケガや事故・トラブル等の一切責任を負いかねます。ご自身で試される際は自己責任でお願いいたします。